多くのゴルフ初心者がスコア100切りができない時に抱く不安や疑問に「どうしたら100切りができるのかな?」「100切りの条件とは何んだろう?」というものがあります。

統計ではアマチュアゴルファーの8割は100切りができていません。ゴルフ100切りの壁にぶつかっている初心者ゴルファーにとって100切り達成までには、もっと時間が必要であり、もっと練習をしてスキルを上げないと難しいように感じるのですが、実は無理のない戦略を立ててコースマネジメントをすれば、ゴルフ100切りをすることはそんなに難しいことではありません。

そのようなゴルフ初心者にとって知っておくべきゴルフ100切り5つの条件をお教えします。

ただひたすらゴルフ練習場でボールを打って練習するだけでは、スコアは伸びていかず100切りはできません。

統計ではアマチュアゴルファーの8割は100が切れていませんが、ゴルフ100切りするためには、実践ラウンドで下記2つをクリアすることが目標となります。

  1. スコアが100切りできる人は1ラウンドでトリプルボギーは2回以内。
  2. スコアが100切りできる人はトータルパット数35以下。

 

この記事を読んで、ぜひゴルフ100切りの仲間入りを達成し、100切り宣言をしましょう!

ゴルフ100切り たった5つの条件

    1. スタート前の準備
    2. ティーショットでOBを打たない
  1. 無理なショットはせずにレイアップ(刻む)すること
  2. 3パットしないこと
  3. ミスを呼び込まないメンタル

スタート前の準備

ゴルフ場には少なくとも1時間前に到着してスタート前の準備、練習をしっかりとしましょう。

プロゴルファーやシングルプレーヤーは、3時間くらい前に到着して体のストレッチやウォーミングアップします。体が温まり、柔軟性を高めることで、パフォーマンスが向上するだけでなく、けが防止にもつながります。

ラウンド前のショット練習

プロでも、その日のコンディションによって、その日のショットが微妙に違ってきます。

スコア100切りを目指すゴルフ初心者は、今日はどういう球が出やすいか(フック、スライス)をラウンド前に把握します。

その日のショット傾向をつかんでラウンドでのショットの狙いどころを決めるようにします。

ラウンド前のショット練習で絶対にやっていけないことは、スイングの矯正です。不安になるだけで、百害あって一利なしです。

ラウンド前のショット練習は、ウォーミングアップとショットの傾向を確認することが目的なので1かご(30球ほど)で十分です。

内容よりも、その日の球筋やミスの傾向が分かればOKです。

Pointラウンド前のショット練習では、その日の球筋やミスの傾向をつかむ。

 

練習グリーンでやること

練習グリーンで3メートルのパットを繰り返し練習して、グリーン速さと距離感をつかむようにします。

短いパットばかりの練習は、距離感をつかむには効果的ではありません。

ロングパットの練習は、距離感という面では良いですが、1ラウンド中に何回その距離を打つのか考えると「時間があればやる」という程度でOKです。

最も有効的なのは、3メートルのパットを徹底的に繰り返し、練習することです。

この距離なら距離感が身に付き、ラウンド中は、この距離の頻度が一番多いからです。

上級者であればアプローチで1メートル以内に寄せることが多いですが、ゴルフ初心者は通常3メートルくらいの距離が残ります。

この3メートルのパットが入るか入らないかが100切りできるかどうかに直結します。

3メートルのパット練習では、カップに入れるのではなくて、前後10cm以内に止める練習をします。

練習でカップに入れることを目的にすると強めのパットとなり、距離感が強めとなってしまい、ラウンドでオーバーしてしまうことになります。

練習グリーンよりもコースグリーンの方が速いと錯覚してまうのは、これが原因です。

練習グリーンとコースグリーンは同じ速さのセッティングです。

パット練習3メートル
ラウンド前のパット練習は3メートルで速さ、距離感をつかむ

ラウンド前のパット練習は3メートルで速さ、距離感をつかむ

Point練習グリーンで3メートルのパットを繰り返す。

3メートルの練習ではカップに入れるのではなくて、前後10cm以内に止める練習をする。

 

豆知識

グリーンの速さは芝を刈りこむ高さに大きく左右されますが、プロのトーナメントでは速いグリーンにするために早朝からグリーンの芝の刈る方向を変えて2回極限まで低く刈り込む「ダブルカット」をしてその上に転圧ローラをかけてグリーン表面を硬くして速さを増しています。

「グリーンが遅い!」というクレームは聞きますが、「グリーンが速い!」というクレームはないですね。

グリーンが速ければ速いほど「良く整備された良いグリーン」と思われているようです。